女の人

スポーツ整体を極めるためにスクールに通う│技術や知識の習得を図る

プロになる

鍼灸

国家試験を受験し鍼灸師になるためには、スクールで学ぶ必要があります。いまは専門のスクールも多数あるため、学校説明会に参加して雰囲気を確認したり、就職率などをみたりしながらスクール選びを行ないましょう。

詳細を読む

社会人でも学びやすい

勉強道具

手術や薬物投与は禁止されていますが、患者さんに寄り添って体調回復を行なっていく仕事として柔道整復師があります。大学が短期大学、専門学校など学べる環境は様々です。また現在では社会人が学びやすい環境を整えている学校も増加傾向にあります。

詳細を読む

スクールに通う

勉強道具

医師や看護師などの医療従事者、レストランやホテルなどの接客業、パソコンなどIT業含めて、様々な職業が存在しています。それらは資格がないと仕事をすることが出来ないものもありますが、スポーツ整体を行なうスポーツ整体師になるためには、基本的には資格は必要ないため、誰でも目指すことが出来るようになります。スポーツ整体とは、スポーツをする人をサポートするための職業です。無資格で出来るといっても、スポーツをする人に対してアドバイスや整体を行なうため、柔道整復師や整体師として技術を身につけるためにもスクールに通うようにしましょう。

スポーツ整体を行なうためにスクールに通う人は多いですが、スクールを探すときには就職に関してのサポート体制の充実性もチェックしましょう。どんなに技術や知識を得ることが出来ても、働き口がなければ意味がありません。スクールにキャリアコーディネーターが在籍しているのか、スクール整体を行なっているサロンに紹介する制度があるかどうかも確認しましょう。いまはスクール見学も出来るので、在籍中だけでなく卒業後のサポート体制も説明会などで質問して聞いておきましょう。見学のみではなく、体験授業もぜひ参加してみましょう。またカリキュラムがしっかりとしているかどうか、費用も高すぎないかなども、複数のスクールを比較しながら見ていくと、理想のスポーツ整体師を目指せるスクールにたどり着くことが出来るはずです。

自分のペースで進める

カウンセリング

ストレス社会と言われている現代では、心理カウンセラーが必要とされています。資格も確立されていますし、専門のスクールや通信講座も数多く存在しています。土日だけ短期集中型のスクールも中にはあります。

詳細を読む